腰痛になる原因を追究せよ|解決策は必ずある

がん治療の最前線

ドクター

副作用を軽減

がんの治療で保険が適用されるのは、外科手術と放射線療法と抗がん剤治療の3種類ですが、これらの治療法はいずれも体に少なからずダメージを与えます。体力が弱っている方に手術の負担は大きく、放射線や抗がん剤は健康な細胞まで破壊して副作用を起こす可能性があります。大阪には従来の治療法に免疫療法を組み合わせることで、副作用を軽減し生活の質を向上させているクリニックが数多くあります。進行したがんや再発を繰り返すがんは、通常の治療では十分な効果が現れないことが多くなります。免疫療法を採用している大阪のクリニックでは、このような患者に対しても諦めずに治療を行ない、腫瘍の縮小や進行抑制に一定の実績を上げています。

さまざまな技術を併用

再生医療技術は飛躍的に進歩しており、一口に免疫療法と言っても樹状細胞・NK細胞・活性化リンパ球など、さまざまな免疫細胞を利用する方法があります。大阪でもクリニックによって採用している技術は異なり、保険が利かないため治療費もバラバラなので注意してください。わからない点があれば、納得できるまで説明を受けることが大切です。大阪では免疫療法単独ではなく、患者ひとりひとりの状態に合わせて、低用量抗がん剤や温熱療法と併用する医療機関が一般的です。これらが相乗効果を発揮すれば大きな改善を期待できますが、上手く組み合わせるには独自のノウハウが必要です。それぞれの治療法に精通した、経験豊富な医師を選んでください。